家造りを成功させるためのポイント

どんな家を作りたいのか、そのコンセプトをしっかりと持とう

夢だったマイホーム、設計から相談し、長く住んでも満足できる、そんな家にしたいですね。この記事では、家を建てる方の、建築会社への相談と要望の際に注意すべきことをお伝えします。限られた土地で、最大限の…

Learn Now

建築見学会や完成見学会に積極的に参加しよう

建築見学や完成見学に参加すれば、建物の隅々まで見ることができ、性能や構造、デザインなどを知ることが出来ます。また同じようなデザインの建物でも間取りが違ったり、設備が違ったりと様々なパターンの物件が…

Learn Now

優秀な設計士を探そう

自分が思い描く家を造るのなら、優れた設計士・建築士を見つけることが必要です。設計士や建築士を探すための手段としては、インターネットで建築家紹介サイトを利用する方法が挙げられます。紹介サイトには多く…

Learn Now

家造りの進め方

優秀な設計士がいるハウスメーカーを選ぼう

家造りをする時に、構造や室内の雰囲気、間取りなど至るところにこだわりたい場合には、優秀な設計士がいるハウスメーカーにお世話になることがとても大切です。特に、住宅のデザインを一から考えるにあたっては…

Learn Now

設計士とコミュニケーションを取って図面を完成させましょう

家造りで大切なポイントとしてあげられているのが、設計に関する話し合いです。設計は家の完成図を平面図にしたもので、出来上がったときにどうなるのかを具体的に表現しています。希望しているプランと違うかど…

Learn Now

建築中もマメに現場を確認しよう

建築作業の進行状況以外の要確認ポイント

注文住宅の建築中は、施工業者に現地を一任してしまわず、可能な限りこまめに足を運び、厳しい目で全体の状況を確認する作業が大切です。とりわけ現場で作業を担当する職人の方々の言動を、少し離れた場所から一定時間観察し、気になった点を速やかに施工業者に指摘する、一種の自衛作業は特に重要です。 喫煙マナー、大声や乱暴な言葉遣い、休憩時間中、路上に放置されたままの危険な工具やガラス板などはいずれも、代表的なクレームの要因です。すべての施工業者とそれらの職人がその限りではありませんが、工事が進み、慣れが生じる中、気の緩みからこうした行為に及んでしまわないとも限りません。ただでさえ建築工事で近隣へのご迷惑が避けられない状況下、入居前に無用な悪印象を与えてしまっては、入居後の近隣の方々との円滑な人間関係にも悪影響が避けられません。

気づいたことは施工業者へ進言を

建築現場で目にした気になる点に関しては、その場で対象者にいきなり伝えず、施工業者の担当者もしくは責任者に確実に伝える対応が大切です。先述の吸い殻問題や危険物の管理状況などは、証拠写真を添えて伝えることで、施工業者側に早急な改善の必要性の自覚を促してください。 現場で自らが施主であると告げ、対象者に注意を与える対処も、緊急性が高い場合は間違いではありませんが、こうした出来事が施工業者に報告されるとは限りません。も問題行動が目についてしまった職人さんが感情的になってしまった場合、別のトラブルのリスクが高まるだけでなく、肝心の建築工事自体にも悪影響が懸念されます。職人さんに気持ちよく作業を進めていただき、近隣の方々にも快い協力をお願いすることで、安全かつ順調な建築作業が実践できるのが注文建築です。疑問点や不安点などを見過ごさず施工業者に伝える意味でも、マメに現地を視察する作業をおすすめします。